花園山奥ノ院峰
(693m)

2011年12月30日

正月休みの一日、実家のある北茨城の山を散策してきました。
花園神社を基点と終点として、七ツ滝の奥にある花園山奥ノ院峰を回ってくるコースです。このコースは、高校生の頃、同級生の男女で歩いたところです。当時は訪れる人も少なくコース案内も未整備で、迷いながら登った記憶があります。今は立派なトレイルマップが整備されていて踏み跡も明瞭、迷うことはないでしょう。

距離が短いのでタップリ歩きたい人には少し物足りないかもしれません。その場合はこの先の猿ヶ城渓谷を歩いたり、花園山・栄蔵室とあわせて歩くと満足できるかもしれません。逆に、距離も短く危険箇所も無いので、お子さん連れの家族登山入門には良いかもしれませんね。新緑の頃もしくは紅葉のシーズンが楽しめると思います。

<コースと時間>
花園神社8:00〜8:20七ツ滝入口〜8:30七ツ滝〜8:50奥ノ院〜9:00月山〜9:10女体山〜9:20柳沢林道〜9:50花園神社

<標高差・距離>
累積標高差:410m  距離:4.0km  ゆっくり歩いても2時間程度

<交通>
常磐自動車道 北茨城I.Cから県道を花園方面に。花園オートキャンプ場の分岐点を左に進むと花園神社の駐車場(無料)


↓クリックすると大きな写真が表示されます

@ 登山口にあるトレイルマップ エアリアマップには載っていないコースです。  A 花園神社の無料駐車場に駐車して歩き始めます。神社は初詣の準備で忙しそうでした。ここは最近風水パワースポットして訪れる人もいるようです。ちょっと早めにお参りを済ませました。
B 神社奥の駐車場から柳沢林道を歩きます。森の中の木漏れ日がきれいでした。 C 赤い橋の手前に七ツ滝入口があります。ちょっとした広場があって、車が4、5台は停められそうです。
D 沢は少し凍結していて、氷がキラキラ輝いていました。 E 七ツ滝に到着。上段から数えて七段に流れ落ちることからこの名前がついたそうです。その5段目の滝つぼは、磯原海岸を経て竜宮城に続いていると言う伝説があるそうな。
F 滝の前の沢を渡ると、奥の院峰への登りになります。奥ノ院まで約300メートルです。 G 途中まで登ると七ツ滝の上段部が見えてきます。ここも凍結していてきれいでした。
H 奥ノ院までは、かなりの急勾配です。日本三大急坂もビックリ!(距離は短いですが) I 山頂部にある花園神社奥ノ院。ここまで来るとご利益がありそうですね。
J 周囲は思いのほかいい眺めが楽しめました。写真では良くわかりませんが太平洋も見えます。 K 猿賀城渓谷から登る花園山と栄蔵室
L 帰りはトレイルマップにしたがって月山経由で下山しました。 M 月山といい女体山といい、どこかで聞いた山名ですね。そういえば、茨城県県南地方には浅間山があります。(「せんげんさん」と読むらしいのですが。)
N ロープのある急勾配の道を下ると、柳沢林道の赤い橋の少し先に出ました。   O 帰りは花園神社に寄って、ゆっくり渓谷沿いを散歩しました。
 P 花園神社の中を流れる石尊の滝  Q 神社の境内の立派な杉の木