白馬三山縦走
白馬岳2932.21m・杓子岳2812m・鑓ヶ岳2903.1m
長野県・富山県
日 程  2010年8月6日(金)〜8日(日)
メンバー  単独
距離・時間  1日目:4.5km 4時間
 2日目:12km 10時間
 3日目:11km 7時間30分
累積標高差  +3,066m -3,053m
駐車場  八方第二駐車場 無料
情報  Wikipedia 断面図 GPX
ルート  @八方駐車場6:35=6:58栂池高原=7:50栂池自然園8:00〜9:35天狗原〜11:20乗鞍岳〜11:55白馬大池山荘
A白馬大池山荘4:00〜6:20小蓮華山〜8:10白馬岳〜11:20杓子岳〜12:45鑓ヶ岳〜14:10天狗山荘 
B天狗山荘4:00〜4:30天狗平〜6:55不帰一峰〜7:50不帰二峰〜9:00唐松岳〜八方尾根〜12:30八方駐車場
白馬三山の縦走路は登山を始めた頃から憧れていたルートです。登山を始めた頃に買った入門書に見開きで載っていた絶景の写真、圧倒的な迫力に魅せられました。それが杓子岳から白馬岳へと続く縦走路の写真だったのです。そんな憧れの地をテント泊で歩いてきました。

白馬周辺は交通の便が良く、八方を拠点にして主な登山口までバスの便があります。三山縦走の場合は猿倉からの大雪渓経由か栂池からの大池経由のルートがありますが、今回は雷鳥坂から小蓮華山への縦走路を歩いてみたかったので大池経由にしました。

3日間とも高気圧に覆われて天気は良かったものの、中腹から上はスッポリとガスに覆われてしまい、けっきょく3日間ともガスの中の尾根歩きになってしまいました。それでも朝夕にはガスが切れて、期待していた絶景を楽しませてくれました。大池周辺の花畑も見事でした。

今回の一大イベントは何と言っても不帰キレットの通過でした。重量オーバーの体にテント装備で果たして登れるのか心配でしたが、早出をして時間的な余裕を持つことで安心してゆっくり登ることができました。確かに険しいコースではありますが、クサリや梯子などがしっかり整備されているので、慎重に歩けば危険はありませんでした。

↓クリックするとスライドショーになります

1日目(8月6日)

栂池高原〜天狗原〜乗鞍岳〜白馬大池山荘

2日目(8月7日)

白馬大池山荘〜小蓮華山〜白馬岳〜杓子岳〜鑓ヶ岳〜天狗山荘

3日目(8月8日)

天狗山荘〜天狗平〜不帰嶮〜唐松岳〜八方尾根