櫛形山
2052m
山梨県
日 程  2010年1月10日(日)
メンバー  単独
距離・時間  16km  
累積標高差  1451m
駐車場  県民の森駐車場 50台 無料
情報  Wikipedia
ルート  県民の森6:30〜中尾根〜8:20林道〜10:00ほこら小屋〜11:20櫛形山〜12:50裸山〜13:50アヤメ平〜北尾根〜15:20林道〜15:50県民の森
2010年の登り始め、天気の良い一日を狙って櫛形山にスノートレッキングに行って来ました。

中央自動車道を双葉で分かれて中部横断道路に入ると、南アルプスのでっかい山塊の前にあぐらをかいたようにドッシリとした山が見えてきます。それが櫛形山で、まさしく南アルプスの前衛の山らしい風貌を備えています。この山はアヤメの群生地として有名で、麓からでも2時間程度で手軽に登れるため人気があり、花のシーズンには大変込み合うとのことです。アヤメの群生も魅力的ですが、人ごみは苦手なので、ほとんど登る人のいないこの時期に静かなスノートレッキングを楽しむことにしました。

夏場に利用する最短ルートの登山口は、林道が冬季閉鎖されているため利用できません。積雪期には比較的距離が短い氷室神社から南尾根を登る人が多いようですが、今回は裸山まで行ってみたかったので、中尾根〜北尾根を歩いて周回できる県民の森から歩きました。この山はあまり展望が良くないため、さすがにこの時期に登る人は少ないようです。三連休の晴天の日でしたが、とうとう最後まで誰にも会うことはありませんでした。

裸山からは南アルプスの展望を楽しむことができました。風も無く穏やかな冬晴れの中、真っ青な青空と真っ白な雪のコントラストがとても美しい風景でした。絶景は期待できませんが、静かな山歩きを楽しみたい方にはお勧めです。ほこら小屋(無人)やテントで一泊すると雪見宴会もできますね。

↓クリックするとスライドショーになります