入笠山
1955m
長野県
日 程  2009年12月29日(火)
メンバー  単独
距離・時間  7km  
累積標高差  610m
駐車場  沢入駐車場 50台 無料
情報  Wikipedia
ルート  沢入7:00〜8:00入笠湿原〜8:25マナスル山荘〜9:10入笠山(往復)〜11:00沢入
毎年恒例の年末年始登山ですが、今年は強烈な低気圧の通過で雪山は危険です。テント泊はあきらめて日帰りできる山に登ることにしました。去年の冬、八ヶ岳の阿弥陀岳に登頂したときに山頂から眺めた入笠山が印象深かったのと、このHPに遊びに来ていただいている山ちゃんさんのブログを見て、ぜひとも積雪期に登ってみたいと思っていた山でした。

富士見パノラマリゾートスキー場のリフトを利用するのが最もお手軽なルートですが、ちょっとした雪山気分も味わってみたいので、林道ゲート前の沢入登山口から登ることにしました。登山口には広い駐車場があって、道路は除雪されていたのでスタッドレスのみで大丈夫でした。

登山口から雪は付いていましたが、入笠湿原まではトレースがしっかり付いていて雪も浅かったので楽に歩けましたが、湿原から山頂までは明瞭なトレースはありませんでした。ここ数日間は雪は降っていないはずなので、前日の強風でトレースが消えてしまったものと思われます。雪の深さは膝下から股下程度、吹き溜まりなどでは腰まで埋まることもありましたが、距離が短いので持ってきたワカンは使わずにツボ足で登りました。

山頂からの景色は思わず声が出てしまうほどのすばらしい絶景でした。目前に迫る南アルプスをはじめ、中央アルプス、北アルプス、八ヶ岳、富士山、木曽御嶽山、乗鞍岳、頚城山塊の山々など、すべてが見えます。特に、後立山連峰の端のほうまでくっきりと見えたのは感動ものでした。

積雪期でも安全に登ることができ、これほどすばらしい絶景が楽しめる入笠山は絶対にお勧めです。ここなら女房も連れて行けるかな、と思いました。また大好きな山が増えました。

↓クリックするとスライドショーになります