妙義山
みょうぎさん
1,104m
群馬県
日 程 2009年2月15日(日)
メンバー 単独
距離・時間 5km 4時間
累積標高差 875m
駐車場 道の駅みょうぎ 150台無料
ルート 妙義神社6:40〜7:15大の字〜7:40奥の院〜7:50見晴〜8:20大のぞき〜8:48天狗岩〜9:20相馬岳〜タルワキ沢〜10:40妙義神社
情報 Wikipedia
妙義山は群馬県北部に連なる岩峰郡の総称で、妙義神社のある白雲山、金洞山、金鶏山からなる。その特異な山容は日本三大奇勝に数えられ、また、赤城山榛名山と共に上毛三山にも数えられる。

白雲山や金洞山を構成する相馬岳、東岳、中之岳を結ぶ稜線は非常に厳しく、一般のガイドブックでは上級者のみのルートとして案内も出ていない。しかし、 ネットで調べてみると、各ルートの危険箇所にはクサリが設置されており、降雪や凍結がなければ危険はないとのこと。いつものように現場の状況で判断するこ とにして、白雲山ルートを歩いてみた。

大の字から先は一般ルートでは無いとはいえ、さすが信仰の山であり、古からたくさん歩かれているらしく、登山道は明瞭かつ歩きこまれていて、石が窪んで自 然の足場ができている。案内標識も随所に設置され、危険箇所にはしっかりしたクサリが設置されているので、いわゆるロッククライミングの要素は無かった。 ただし油断は禁物、30m級のクサリ場など、滑落したら助からないと思われるところも何箇所かあった。北アルプスのキレットのような高度感は無いが、適度 なスリルと緊張を楽しめるルートであった。

今回は時間の都合で相馬岳からタルワキ沢を降ったが、次回は金洞山側から相馬岳を目指したいと思う


妙義山中間道ハイキング

日 程 2009年4月11日(土)
メンバー 家族
距離・時間 7.4km 時間 累積標高差786m
ルート 村営駐車場8:10〜8:30第一見晴〜8:50第二見晴〜9:05タルワキ沢分岐〜9:15本読みの僧〜10:26大砲岩〜10:50第4石門〜11:20さくらの里〜一本杉〜12:30金鶏橋〜13:00村営駐車場