唐松岳
2,696m
北アルプス・後立山連峰
日 程 2008年4月27日(日)〜28日(月)
メンバー 単独
距離・時間 1日目:4.3km 5時間30分
2日目:9.0km 4時間10分
 
累積標高差 1日目:+845m -97m 
2日目:+117m -1,960m
登山ルート 八方池山荘8:50〜10:10八方池〜12:50丸山〜14:20唐松岳頂上山荘(テント)(往復)
駐車場 白馬第3駐車場(無料)
 2008年ゴールデンウイーク前半は、テントを担いで八方尾根唐松岳を登った。私にとって始めての後立山連峰になる。

 登り始めは晴天の穏やかな登山日和だったが、夕方から天気が急変し、吹雪の夜となった。テントが飛ばされそうなくらいの強風が一晩中吹き荒れ、眠れない夜を過ごした。外気はおそらくマイナス10度を下回っていただろう。テント内にも風が吹き込んでくるので、体感温度はそれ以下である。完全な雪山装備で正解だと思った。

 当初の予定では、八方尾根〜唐松岳〜五龍岳〜遠見尾根で2泊3日の予定だったが、翌日になっても状況は変わらず、けっきょく縦走はあきらめて下山することにした。八方尾根も強風で、スキー場のリフトはすべて運休となっていた。帰ってからもう一度天気図を検証したが、やはり吹雪となるような気圧配置ではないように見える。やはり、この時期のアルプスは油断できないなと思った。

 五龍へ縦走できなかったのは残念だが、八方尾根からの白馬三山や不帰キレットなどの素晴らしい風景を見ることができてとても満足である。今度は夏に、白馬から鹿島槍まで、一気に縦走してみたいなぁと思った。


↓クリックするとスライドショーになります。