三ツ頭
2592m
八ヶ岳南部

日 程 2008年3月9日
メンバー 単独
距離・時間 約11km 8時間20分
累積標高差 1200m
駐車場 天女山入口ゲート前 10台 無料
コース 駐車場6:10〜6:35天女山〜6:50天の河原〜9:50前三ツ頭〜10:50三ツ頭(往復)〜14:30駐車場

3月に入り、少しづつ暖かくなってきて春が実感できる日が多くなってきた。この冬シーズンの最後に、ちょっと本格的な雪山に登りたくなった。

この週末、天気予報と天気図を見ると、どう見ても絶好の登山日和である。思い切って前から登ってみたかった八ヶ岳南部の権現岳に向かった。

ネットで調べると、冬季は天女山入口から登る人が多いが、日帰りは健脚者なら可能という記事もある。このコースの標準タイムは登り4時間40分・下り3時間半で、雪道と自分の体力を考えると1.5倍はかかるだろから往復10時間は見込みたい。そこで、6時に出発して往復のタイムリミットを5時間(11時)として、それまでに権現岳頂上まで到着しなければ手前の三ツ頭止まりにしようと決めた。

予定通り6時に出発、すばらしい天気の中、順調に高度を稼ぐが、2,000m地点でアイゼンを装着してから足が進まなくなった。気温が上がってきて時折ひざ上から足の付け根まで雪を踏み抜くことも多く、非常に体力を消耗した。(登りの時点でワカンを付けていればよかった・・・)

結果的に三ツ頭に到着したのは10:50分、タイムリミットまでに権現岳にはいけそうもないので、三ツ頭止まりに決めて、ゆっくり食事を楽しんだ。

三ツ頭からの展望は最高、目の前の八ヶ岳はもちろん、富士山、南アルプス、中央アルプス、御岳山、北アルプス、反対側には金峰山などなど、360度すべての山を眺めることができた。今まで沢山の山を登ってきたが、1,2位を争うすばらしい眺めである。苦しい登りだったが、ここまで来て本当に良かったと思った。

権現岳には夏に編笠山からの周遊コースで挑戦しようと思う。冬はテント泊でもいいな。
今回の山行きを快く許してくれた家族に感謝します。


↓クリックするとスライドショーになります