仏頂山(ぶっちょうざん)〜高峰(たかみね)

2008年2月16日

仏頂山は茨城県と栃木県の県境に連なる鶏足(とりあし)山塊の中心に位置する山です。高峰までは快適な尾根歩きが楽しめますが、交通の便が悪く、また往路を戻らなければならないのが難点です。

茨城県笠間市側からは手軽に登れる山で、登山道も良く整備されています。登山口となる楞厳寺(りょうごんじ)周囲の林は珍しいヒメハルゼミ(国の天然記念物)の発生地になっているとのことです。夏にセミの声を聞きながら登るのも良さそうですね。

<コースと時間>
楞厳寺10:30〜11:10仏頂山〜12:20高峰(往復)
累積標高差:830m(往復) 距離:11km(往復)

<交通>
国道50号線で笠間市に入り、笠間市運動公園を北側(山側)県道1号線に入る。片庭から西に向かうと、登山口のある楞厳寺(りょうごんじ)があります。駐車場は、楞厳寺の登山口に2〜3台、手前の山門に2〜3台
車の場合は最近整備された北関東自動車道の笠間西ICを使うのも便利です


↓クリックすると大きな写真が表示されます

@ 楞厳寺(りょうごんじ) 山門の近くに駐車しました。
楞厳寺手前にあるこの山門は室町時代に建てられたもので、国の重要文化財になっているとのことです。
A 登山道は楞厳寺の石段手前から左手の樹林に入ります。
B 15分程で明るい尾根道に出ます。落ち葉を踏みながら、ゆっくりハイキング気分で歩きます。 C 山頂手前に急な階段が続きますが、それほど厳しいところも無く、40分ほどで仏頂山の山頂に到着しました。クヌギやコナラの木々に遮られて展望はありません。先週の雪がまだ少しだけ残っていました。
D 高峰(樹林の向こうに見える山)を目指して尾根道を進みます。登り降りの繰り返しで帰りはかなり厳しかったです。 E 風は少し強いが、きれいな青空が広がって清清しい山歩きができました。
F 1時間50分で高峰に到着 展望がよく、日光・那須連山など栃木県の山が見えました。 G この辺りはまだ雪がかなり残っていました。先週はだいぶ積もったのでしょう。
H いつも登っている筑波山や加波山も良く見えました。 I 仏頂山の全景(中心の山)