乾徳山
2,031m

日 程 2006年12月29日(日帰り)
メンバー 単独
歩行距離 10.8km
歩行時間 山頂まで3時間30分
累積標高差 1,293m
駐車場 徳和に登山者用駐車場20台
コース 徳和9:20〜9:56乾徳山登山口〜11:16国師ヶ原〜11:50扇平〜12:57山頂〜国師ヶ原〜15:09道萬山〜駐車場

 恒例の(とはいってもまだ2回目だが)年末締めくくり登山に行ってきた。今回の予定は甲武信岳+乾徳山の日帰り×2 車中泊である。本当は甲武信小屋テント泊の予定だったが、迂闊にも風邪をひいてしまい体調が悪いので日帰りに変更した。

 乾徳山は山梨県の国道140号線沿い、甲武信岳より少し南にある山で日本200名山の山である。今回の徳和集落から登るコースだと標高差で約1,300m、歩行距離約11kmのそこそこ登り応えのある山だ。この山は山頂部の岩場が有名で、ネットで情報を探していると、このクサリ場が恐くて登るのを躊躇しているとう書き込みがあったりする。

 本当は、甲武信岳の後で余裕があればついでに登ってしまおうかなどと軽く考えていたのだが、登って見ると景色も素晴らしくコースも変化に富んでいて実に楽しく素晴らしい山であった。

 ただ、今回は数日前に雪が降って岩に凍り付いていて山頂部は大変危険な状態だった。足元がスッパリ切れ落ちている所に足をかける岩幅が5センチほどしかなく、しかも凍っているという状態。鎖を頼りに腕力だけで全体重を引き上げなければならないところもあり、一歩間違うと間違いなく死ぬだろうなと思った。
 登山後は疲労回復のために山梨市のフルーツ公園内にある温泉に行った。露天風呂から富士山が見えて、夜景が素晴らしくきれいだった。

 その後、道の駅に移動して車中泊。気温は氷点下だが、テントに比べれば高級ホテルのようなものだ。

↓クリックするとスライドショーになります