十勝岳
2,077m

日 程 2006年8月28日 メンバー 単独
時間等 山頂までの所要時間:2時間30分  累積標高差:1,120m
コース 望岳台4:30〜5:25避難小屋〜5:56昭和噴火口〜7:00十勝岳山頂(往復)

 北海道登山の旅 2日目は十勝岳単独登山です。家族がホテルで寝ている間に出発,登山口は白金温泉から車で15分ほどの望岳台です。

 十勝連峰は現役の活火山です。噴煙が吹き上がる前十勝のコースは,火山活動の活発化により1985年から閉鎖されています。また,登山口の望岳台周辺には以前はスキー場がありましたが,やはり火山活動の影響で閉鎖されたそうです。

 登山道は,昨日の旭岳と同じくガレ場の急坂です。避難小屋からは昭和噴火口,スリバチ噴火口グラウンド火口等のそばを通り,日本とは思えないような風景の中を歩きます。十勝岳の荒々しい山容と,隣の富良野岳の青々しい山容とのコントラストが大変美しく,すばらしい登山道です。

 望岳台からは十勝岳のほか,美瑛岳,富良野岳,が一望できる素晴らしい景観が楽しめます。また,美瑛から白金温泉に至る道路は北海道らしくどこまでも一直線の美しい白樺街道で,ドライブにも最適です。登山をしない方も美瑛に来たときには望岳台まで足を伸ばされることをお勧めします。


↓クリックするとスライドショーになります。